フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2014年11月04日

パテ時のコーナーテープについて

こんにちはフライパンです。

前回がファイバーの話でしたので今回はコーナーテープについてシェアさせていただきます。

コーナー材も種類、金額ともにピンからキリまでありますが。

今私が使っているのは環境に良いといわれているABS樹脂のコーナーです。

メリットは
燃やしても有毒ガスの発生が少ない。
切ったとき割れない。
切り易い。



といったところでしょうか。

今までは塩ビのコーナー材を使っていました。

どちらが良いかといえばメリットのみを見るとABSコーナーですが、

決定的なデメリットもありました。





私はヤヨイのワイドスーパーというパテを使っていますが、

クロスを貼っていてどうしてもここでジョイントするのがベストと言うときは

コーナー材の上になる位置でジョイントを持ってきていたりもしていましたが、

剥がれたりっといったクレームはありませんでした。

基本的にはコーナー近辺でのジョイントは避けますが・・

しかしABSコーナーの場合は

コーナー材の上でジョイントを持ってくるとかなりの高確率で剥がれます。


そのことを考えると、使うのがなかなか難しい場合もあるかもしれません。

クロスの貼り分けをコーナーの際でやって欲しいとの要望には答えられなくなります。


ちなみに最近発売された(私はKYOKUTOもYAYOIも広島もその他もろもろすべてのメーカーひいきなしに良いものは良いで使う派ですが手元にKYOKUTOのチラシがあったので今回はKYOKUTOから紹介させていただきますが)V-UP28というのは

なかなか良いと思いました。

パテの量は使うかなといった感じですが貼るときの通りも通しやすく

角につのが生えているためそこを起点にパテが打てるので穴が消しやすいです。

またコーナー自体の浮きがなくなります。



通常のコーナーだと貼るときの張り方が悪いと際が浮いてしまうんですね。
(もっともボード張り方がよければそういう現象もなくなるとは思いますが・・)

この現象わたしは極めて厄介だと思っています。

クロスの張りあがりにそこが浮いたように見えたりしますので、

なった場合は切り取りパテをしなおし基本的にはならないように貼っています。

ちなみにABSコーナーのデメリットでこの現象はおきやすいです。 

でこのコーナー材はこの現象が極めて置きづらいと思います。



またこのコーナーとは別物ですが、ごめんなさいチラシなくこの品番今わかりません。

1300mmのコーナーが新しくでましたね。

これはまだ買って使っていませんが、持ち運びに便利なので車に積んでいます。

みた感じでは使いやすそうです。

これについてはまたそのうち。



コーナー材は入れるのと入れないのどちらがいいのか?

これ考えたことありますか?

私は入れないほうが良いと考えます。正確には木造はアウト

鉄骨造コンクリート造の場合はOKと考えます。




木造の場合、柱が痩せます。

住んでから2年くらいは木が伸びたりちぢんだりしますね。

縮小する場合がほとんどだと思いますが。

木が強制乾燥だったり完全な乾燥材でないためにこの現象はおこると考えます。
(おそらく完全な乾燥材は現在では手にはいらないいんじゃないのって思ってしまいますが・・)

で現在の施工方法はボードを柱にじかにうってます。






昔はどうぶちでしたかね?柱に1ッ発横に木の板を貼ってからボードを打っていました。

それにより柱が動いても直接ボードに影響しないためクロスにも影響が少なかったと考えます。

もちろん木がしっかり乾燥していた。

他にも今より電動工具等便利なものが少ないため工期がかかるため

木が建ててる間に家になじむとか乾燥する等の理由が上がると思いますが。




で・・柱が縮小するために縮んだ分コーナー材が

浮き上がったようになる現象が起きるんですね。必ずではないと思いますが。

エアコン等を頻繁に使うリビング等は特におきやすい気がします。



なので私はコーナーは使わないほうがいいんじゃない?って考えるんですが。

大工さんの下地もどんなにうまくても完璧とはいかないと思いますし

コーナーを入れたほうが通りがとおって見た目がぜんぜん良いと思います。

ボードだとぶつけたときに割れるってことを考えると結局は入れたほうがよくなってしまいますね。




どうぶち等下貼りりした上にボードを貼って角はベニヤを綺麗に貼ってある現場ならば

コーナー入れる必要がなくなりますかね?金額が上がってしまうことでしょうが・・


ちなみにコーナー材をいれずともボードの跡が出る

という現象が張り替えにいくと大概おきています。

この方がコーナーいれた場合より軽症に見えます。




このことの予防法もしくはおきた場合の対処ほうなんですが

化粧の見切り入れればいいんですが、みなさんなかなか嫌いますが。

貼り変えても数年は同じようになると私は考えます。




途中から話がそれましたが最後まで読んでいただきありがとうございます。




追記です。

1300mmのコーナー材を使ってみました。

かなり調子よかったです。通りも通して貼り易いです。

ABSのコナー材が終わるまで使い続けましたが

次からはしばらくはこれを使いつづけると思います。

車に乗せといてじゃまにならないところが良いですが

ハイエースとか乗ってる人ならば同じタイプの2500mmがあるので

その方がやはり楽には楽だと思います。

結局何回も両面テープを剥がさないといけないのが手間と感じると思いますが、

私にはありがたい商品でした。

346-612.jpg


★楽天 コーナー 1300mm★


関連記事一覧
大きいパテベラと小さいパテベラ
パテの種類とメリット デメリット を分析
パテ時のファイバーテープについて



posted by フライパン at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | パテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。