フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2014年11月20日

クロス張り替え時のパテについて

こんにちはフライパンです。

NEC_0827 (2).jpg

今回はクロス張り替え時のパテについてシェアさせていただきます。

張り替えの時のパテっってなにかと困りますよね。下紙が浮き上がってきて、そのまま乾かして貼ると下地に反映されるし、かといって削ったら削りすぎてまたパテの打ちなおし・・最初に下紙を全部はとりきれないしなどなど・・・頭を抱えることはたくさんあります。

かといってリフォーム用のパテは高いしリフォーム用を使ったからといって完全ではありませんよね。


時間があればスキームL

そんな時、貼るまでの時間があればスキームL等 乾燥型のパテは良いと思います。多少の膨れはパテの乾燥とともに引いていってくれます。発見してから7.8年この施工法をしていますが、なかなか良いと自分では思っています。

ただ貼るまでの時間がない場合(張り変えの場合なかなか時間ないってことは多々あることだと思います。)や、使い分けは大変だという場合(パテはがさばるし、2種類も3種類も持ち歩くのは大変ですよね。)

いつも使用しているパテにボンドを混ぜたらどうでしょうか?
私はただいまこの方法実験中なんですが、なかなか良い方法じゃないかと思っています。



時間がなくなってしましました(汗)


続きはまた次回で。







posted by フライパン at 06:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロス張り替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。