フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2014年11月22日

張り替え時のパテにボンドを入れてみると?

こんにちはフライパンです。

前回の続きですが張り替えのときのパテにボンドを入れてみるとどうなんでしょうかね?毎回書かせていただいていますが、私はワイドの30分が個人的には1番使い勝手が良く、また仕上がり面でも良いと思っています。


ワイド30を張り替えの時、普通に使い、乾いてからペーパーを当てて削ります。浮きがなくうてている所は良いのですが、下紙が浮いている状態でパテをうっていますと、そこが浮いた状態で固まりますよね。

やさしくペーパーをかけてふわふわの上体にしてあげるとクロスを貼ったあと綺麗に張るんですが(浮きが小さい場合に限ります。大きい浮きの場合は剥がしてください。材料にもよりますが、私の考えでは10cmくらいまでは大丈夫かなと思っています。)このふわふわが破れてしまったりすることはよくあることです(泣)


ボンドをいれてあるとこの時、非常に破れにくくなります。なので最近張り替えの時間がないパターンでのパテはボンドを入れた硬化式というのを実験中です。最近はじめたばかりなのでよかったことだけじゃなく不具合もそのうち発信させていただきます。


みなさんわかってると思いますが、削るときは大変になりますよ。パテ硬くなりますからね。拭き取りも大変になるので綺麗にうってください。良いところは削るときの埃の絶対量が減るということです。

ボンドの種類
下地によって使い分けますが、プラゾール100Sを使用しています。


余談ですが、基本的に私はパテの上でジョイント(継ぎ手)しませんが、どうしてもそこでしなければいけない場合がでてきます。そんなときは和紙テープをかましています。ちなみにジョイントは新築、張替え問わずに下敷きも使っています。下敷きの使用についても10年以上前から使用しているんでかなり早いほうじゃないかと思ってるんですが・・・


それではまた。

関連記事
大きいパテベラと小さいパテベラ
サンダーやペーパーを少しでも楽にかけたい
パテ時のファイバーテープについて




posted by フライパン at 06:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロス張り替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。