フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2014年12月28日

障子を貼るとき軍手をすると綺麗に貼れる

こんにちはフライパンです。

前回書かなかったことなんですが、障子を貼るとき手袋をするかいなか?


私はもともとは素手で貼っていました。手荒れがひどくハンドクリームをよく使うのですが紙にハンドクリームをつけるわけにはいかないということで、数年前からなにげなしに軍手で貼り始めました。すると調子いいですね。紙をおさえるときもしっかり押さえられるし、糊をつける際も軍手を汚さないように綺麗につけるようになるので糊をつける腕があがります。紙に手の汚れも付かないし、障子の枠のささくれも刺さりにくいです。

軍手で障子を貼るのはありかなと思います。

次に、障子枠や桟のささくれはどう対処しているか?

これはクロスで使い終わって目がなくなったようなペーパーでこすればいいんじゃないかと思います。
始めのころはカッターの刃を立てて削ったりしていました。この方法も悪くないと思うのですが、古い障子や前回貼ってあった糊の強い場合なんかはかなりささくれると思います。そんなとき軽くペーパーをあててあげましょう。かなり貼りやすくなるし、見た目も良くなると思います。

現場で貼らずに作業場や自宅で張ったものを納品する場合



仕上がった障子は運ぶのに神経を使います。

基本は縦置き。建具は立てて(短い方向に立てる。180cmや200cm方向にたてるわけではない。)ゴム等で倒れないように固定して運ぶのが良いと思うのですが、内装業をしていると車に棚等を作ってあり、そうもいかないと思います。そんな時コルクの掲示板クロスの切れ端を挟んで運ぶと建具通しが滑らなくなり調子がよいです。コルクの掲示板クロスを5cm角くらいに切り四隅において重ねていきます。これだけでオーケーです。





そうはいってもそれもいつでもあるわけじゃありませんよね。他には糊を拭くスポンジや輪ゴムなんかでも滑りにくくなります。しかしながらベストはコルクの掲示板クロスでしょう。






それでは、また。



posted by フライパン at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 障子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。