フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2015年02月10日

貼り替え時のジョイントの和紙の入れ方

こんにちはフライパンです。

めずらしく早い時間の更新です。

今回はクロスのジョイントを切った後に入れる和紙テープについて書きたいと思います。

和紙はなんのためにいれるのか?

これは貼り替え時は特にですが、クロスは剥がすと基本的に一枚裏打ちが残ります。裏紙なんかともいいます。これに新しいクロスの糊がついてふやけます。そこをジョイントで切ってしまいますとそれが原因で剥がれる原因となってきます。それを防ぐためにいれるわけですね。


ちなみに材料によってできるできないはありますが突きつけ工法ならば下地は切らないので入れる必要はないです。後は下じきテープ等で裏を切らない方法が発達してきているため入れる機会は非常に減ったと思いますが、新築でもボードのジョイントとクロスのジョイントがどうしても同じになってしまう時などはこれを入れるとジョイントの割れを防ぐのに効果的ですね。


施工

まずジョイントをきります。

NEC_0131.JPG

次に左側のクロスをめくります。このとき私はレンチングテープをとらないです。

NEC_0132.JPG


そこへ和紙を右側のクロスにそわせて貼り付けます。注意としては和紙を入れる時は下敷きを使用せず下地に糊がつくようにしたいところです。仮に和紙を使用したならばレンチングテープもめくって下に糊をつけてから和紙を貼ってください。

NEC_0133.JPG

NEC_0134.JPG

NEC_0135.JPG


次に一度両方押さえます。それからレンチングテープをめくって再度押さえなおします。

NEC_0136.JPG

NEC_0137.JPG


これはジョイントの性質を知っていれば理解できることなんですがこれから打ち合わせがあるので今日はここまでで、それではまた。



posted by フライパン at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロス張り替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。