フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2015年02月13日

壁紙のジョイントを切る道具と綺麗に切れる角度

こんにちはフライパンです。

今回はクロスのジョイントについてです。

クロスのジョイントを切る道具は何を使うのか?またどんな角度が理想的なのかですね。例えばこれは壁を切る時の断面図ですが、右利きの場合と仮定してみてください。

カッター2.png

赤線の角度に上図の赤線のようにカッターを入れると下図のように隙間ができます。絶対にそうなります。

カッター4.png



逆に青線の角度に入れると材料は噴いてきます。長めに切れるということです。

カッター3.png

カッター5.png



このことを頭に入れた上でジョイントは切っていくわけですが、材料によって角度を微妙に変えていくことで仕上がりが綺麗になるわけです。

わずかに長めに切れる感じに切っていくのが理想的だと私は思っていますが。


長く切れすぎると逆にジョイントは目立ちます。赤線の角度に切ることは最初に書きましたが隙間ができますね。この現象は厚いクロスの場合は顕著に出てきますのでわかりやすいです。床材の場合は特にそうなりますね。床材のジョイントについてはまたということで。



そこで前回の和紙の話ですが噴かせて切った場合にクロスの重なりに上下の順番ができるわけです。これを順番どおりにやるために前回の記事のような施工をするわけです。下図のようになりジョイントが目立ってしまいますね。


カッター6.png

ジョイントを切る道具
話を戻しますがクロスのジョイントは地ベラで切るでしょうか?それとも定規でしょうか?風潮としては定規で切る職人さんの方が丁寧みたいな流れがありますが、私は地ベラ派です。定規も1年くらいは使っていたんですが、定規はどうもうまく扱えません。


カッター7.png

そこで私なりの結論ですが地ベラで綺麗にきるためには地ベラでジョイントをきつく抑えることがポイントです。上図のように斜めくらいでもいいですね(図は少し大げさすぎますが角度をつけることによりきつく押さえる事ができます)。後はカッターの角度の調節です。ジョイントを切った際裏打ちをひっぱてきて切りづらくなる現象がこれでぐっと減ります。さらには切るカッターのスピードも考えると良いです。材料によって早くしたり遅くしたり。


カッター9.png

定規の場合は極端に言うと上図のような現象が起きますのでこれを考慮して

カッター8.png

定規の裏側となるほうにマスキングテープをクロスの厚み分貼ると良いですね。あとは地ベラとと同じ注意できりますが定規の場合は噴かせるイメージよりも壁に対して垂直で切るイメージで切ったほうが切り易いし綺麗かなと個人的には思っていました。今は使っていないのでなんともいえませんが・・・写真は床用の定規ですがこんな感じだよってことです。

NEC_0006.JPG




それではまた。



posted by フライパン at 23:08 | Comment(6) | TrackBack(0) | クロスの貼り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジョイントを切る際、カッターがクロスへ加える力は一定ではありません。
カッターをスライドさせている時より、最初の切り出しと最後の切り終わり時の方が強い力を加えています。
地ベラだと切り出し・切り終わりの回数が多い分、下地のボードを傷める比率も高いので、 ジョイントを切る際は定規を使用するのが定説です。
Posted by 北の職人 at 2015年10月06日 15:51
コメントありがとうございます。

定規に関しては自分が使いづらいなと感じているので

地ベラ目線での記事になっています。

指摘されてことを考慮したことあるのですが、

私自身の定規の苦手意識がとれないことと

ボードを傷めてしまうのは下敷きでカバーできるかなということで

私は定規を使ってませんが再度指摘されたことを考慮しながら

仕事に励みたいと思います。

Posted by フライパン at 2015年10月07日 05:30
いつも勉強させていただいております。経験半年のクロス屋です。今回の記事は、かなり為になりました。数日前に、一メートル位のジョイントを3箇所切ったのですが、上手くいくところと、重ねが出てしまったところが出来てしまい、理由がわからずにいたところでした。(9911)。ちなみに私は、24cmの穴開き0.6ミリを使っています。幅が狭いので力がヘラ全体に入りますし、穴が開いているので、バネが効いているように思います。これからの記事も心待ちにしておりますので、どうか宜しくお願い申しあげます。
Posted by lalamtaka at 2016年03月15日 09:47
コメントありがとうございます。
そのように言っていただけるとありがたいです。記事更新は最近さぼりぎみですがまたがんばります 笑。
地ベラにバネが効くとジョイントは切りやすいですね。穴あきの地ベラは以前使ったことがありましたが、私はどうにもなれなくてすぐにやめてしまいました。考えてみればそういうメリットがあるわけですね。勉強になりました。
Posted by フライパン at 2016年03月17日 05:15
70才ちかくのおばさんです。今回初めて壁紙のリフォームをしようとがんばっています。皆目、何の知識もなくするので、できるかどうかわかりませんが、フライパンさんの記事を見つけ、何回も読み、道具も書かれているものを調達いたしました。知識がないため、時々意味が分からないことがありますが、とてもためになっております。ジョイントの部分はとても難しそうですね。
Posted by 片岡ゆかり at 2017年04月04日 15:41
片岡さん>>
こんにちは。はじめまして。コメントありがとうございます。

難しいかもしれませんがぜひがんばってください。自分たちも元は素人です。親方の仕事を近くで見れたか見れないかの差はあると思いますが、自分で仕上げるということがすばらしいことだと思います。

陰ながら応援させていただきます。^0^


Posted by フライパン at 2017年04月04日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。