フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2015年04月01日

パーフエクトシーム液はなぜうまくうてないのだろう?

こんにちはフライパンです。

最近ブログの更新をサボっているフライパンです。ほんの少し仕事が忙しいフライパンです。書きたいことはあるんですが長くなりそうなので先送りしているフライパンです。

くどいっすか?でも書きたいことはあるんです。ちかぢか気が向いたらガラスフィルムの横張りのやりかたとか足場についてのうんちくをまた書きたいと思いますが、長くなりそうなので今日は・・・


パーフェクトシーム or コールドシーム についてです。

どうでもいいぜ!!そんなんじゃ!!とかいわないでくださいね。


ここからはパーフェクトシームで表記させてもらいます。コールドシームごめんなさい。


パーフェクトシーム液って打ちづらいんですよね。液体すぎるというか、とろとろすぎちゃって垂れまくっちゃうだろ、とか思いませんか?

昔、講習会で打ち方を教えていただき何度か実践しましたが、ん??って感じでした。マスキングを貼って長尺等のジョイントになる部分にカッターを入れます。それからシーム液をたらしこむという方法なんですが、難しいことだらけになります。


まずマスキングの上から長尺のジョイントにカッターを入れる作業が半端じゃなく難しかったです。すぐに横にはずれます。
少しジョイントが空くように切れば大丈夫と言われたのでカッターの刃(大です)一枚分空くように切るとパーフェクトシーム液でくっつき切れません。(ジェルタイプならもしかするといけるかも?)

マスキングも剥がす際時間を置き過ぎると一緒になってくっついてしまうし、取るのが早すぎるとパーフェクトシーム液が垂れてしまいますね。



どうすればいちばん綺麗なんでしょうかね?
私の場合ですが、パーフェクトシーム液はマスキング等を貼らずにそのまま打ちます。どうやって均等にうつか?簡単です。パーフェクトシーム液は水だと思ってください。チューブを傾けるだけでいいんです。手で握ってだそうとしないことがポイントだと思います。



ちなみにですがパーフェクトシームもしくはコールドシームはチューブの大きさが2種類あったと思いますが大きいサイズを買ったほうが断然お得だと思います。たぶんコールドシームの方を買うほうが良いと思います。


あと液体タイプとジェルタイプもあります。私は液体タイプしか使ったことがないんですが・・確かですが3倍伸びたと思います。同じ量で液体が21mくらいに対してジェルだと7mくらいしか施工できないと思いました。ジェルタイプはパーフエクトシームにしかないかもです。


もうひとつですがパーフェクトシーム液専用の施工道具キッドもあります。これは高いんで私は使用していないのですがかなり調子はいいようです。普通のシーム液を入れても使いやすいと聞きました。がデメリットでやはりつまるらしいです。かなりつまりづらいようですがつまるようです。私の中の良い職人さんは3年くらいでダメだったと聞きました。


私はトータルするとやはりチューブ式の液体タイプが一番かなと思います。使用期限が3年で私は過去一度もつまったことがありません。3年あるとさすがに使いきりますので。



パーフェクトシーム液メリット
パーフェクトシーム液なんですが溶接と同等以上と言われています。溶接は溶接、パーフェクトシーム液は溶着といわれています。溶着と言うのは溶かして一体化させちゃうということです。長尺なんかには非常に効力を発揮するわけですね。しかしCF場合は使ってよいのですが強度は普通のシーム液と同じになります。なぜかというと表面のビニール層のみにしか効果を発揮しないからです。

長尺の場合は切り口すべてが溶着となります。だから強いのです。

マスキングの話に戻るのですがカッターで切れ目を入れた場合とマスキングを貼らずに直にパーフェクトシーム液を流した場合との強度がどのくらい違うかを自分で実験してみました。その差は明らかでした。それを見たから余計にマスキングを使っての施工をしなくなったんですよね。書いてて思いだしました。W




最後になんですがシーム液をうった後白くなる現象に当ったことはないでしょうか?

あれは雨など湿気の多い日にシーム液を施工すると見られる現象だと思います。パーフェクトシームの場合特にひどくなるようです。私はその特にひどい状態を経験したことはないのですが、湿気の多い時は切れ端や残材に試し打ちをしてから施工するように気をつけています。貼り替えになるレベルらしいのでこれにはみなさん気をつけてください。


試し打ち必ずしてください。

あとは自己責任でおねがいしますねー。基本的にあれこれ書いてますがすべての記事は自己責任で施工してください。(いまさらですか!?)


★楽天 コールドシームA★

★サンゲツ パ−フェクトシーム及びノズル★


関連記事
クッションフロアをフリーハンドで切ってみよう。
CFや長尺の裏側、掃いてますか?
クッションフロアのジョイントは定規を逆に置いて切るとよい。
シリコーンスプレーをもっと活用しよう。
ソフト巾木の貼り方と切り方
長尺を切るためのフックカッター(フックナイフ)と CFを切るための折れ刃式 連続フック刃

壁紙のジョイントを切る道具と綺麗に切れる角度この記事もジョイントについての考え方なのでぜひ読んでみてください。





posted by フライパン at 00:04 | Comment(4) | TrackBack(0) | 床工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
間違って2回もコメントしてしまいました…
ごめんなさい、質問も後日にします… 
Posted by こぺぱん at 2015年04月01日 22:06
こぺぱんさん>> コメント ありがとうありがとうございます。
また、お願いします。
Posted by フライパン at 2015年04月04日 07:13
パーフェクトシーム液の使用法をググッテたら、こちらに辿りつき、あまりにも記事がおもしろく勉強になり、見入ってしまいました。

私も内装で食ってまして、今年でおかげさまをもちまして、30周年です。
まったくの異業種からの独立で、最初はつらい事ばかり気がつけば還暦をになり、
そろそろ潮時かなと思っています。

これからも面白い記事のアップ、楽しみにしています。

Posted by あともも at 2017年01月17日 16:43
あとももさん>>

こんにちは。コメントありがとうございます。

また、そのように書いていただけるとありがたいです。ありがとうございます。


大先輩ですね。潮時かなと言わずがんばってください。私の周りも年配の方が多いですがみなさんの力は大きいですよ。

Posted by フライパン at 2017年01月17日 19:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。