フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2015年04月25日

パテを練る時大きいバケツで大量に練るのと小さいバケツで大量に練るのはどちらが練り易いか?

こんにちはフライパンです。

このブログをはじめた当初よりもよりどうやったら施工はしやすいかとかきれいに仕上がるか早く工事を完了できるかをを考えながら施工することが多くなりました。


ブログ開設当初はパテも大きい現場は大きいバケツで練って小さい現場は小さいバケツで練るというスタイルでしたが、最近は大きいバケツは一切使わなくなってしまいました。
関連記事 パテの練り方


もっとも私はパテは30分硬化式を使っているので多くても一袋くらいしか一度には練らないのですが。
パテの種類とメリット デメリット を分析


最近は100円均一のバケツで練っています。一袋ぐらいまではそんなに練るのも大変ではないです。私は30分のパテですので一度に練る量は平均2/3ぐらいです。(下地の良し悪しでだいぶ寝る量が変わりますが)

そのくらいの量だと写真程度のバケツと棒でとても簡単に練れます。良かったら試してみてください。

NEC_0374.jpg

NEC_0373.jpg

ちなみに以前書いたかも知れませんがパテをすくうヘラも100均です。ゴムベラよりもち手が長くて調子が良いと感じてます。







posted by フライパン at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | パテ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。