フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2015年08月07日

クロス用下敷きテープはどれが使いやすいのか?

こんんちはフライパンです。

私は下敷きテープはYAYOIのストライプ下敷きテープというのをずっと使っていたのですが
1年か2年くらい前に突然の1巻あたり300円くらいの値上げ
たしかですが、150mで1150円だったのが1450円になったんですよね。

ちょー細かいですよね 自分。汗



で それからブルーのストライプを使ったり SPセーフティーを使ったりといろいろ変えましたが、
感想を書きたいと思います。



まず最初の値上がりしたストライプ下敷きテープですが、
個人的には使いやすかったです。
切った感覚が伝わりやすくSPセーフティーのようにふわふわしてないので
ジョイントの収まりも良好ですね。
ただ硬いので抜くときに少し注意しないと裏の糊を取ってしまいます。
mあたり約10円ですね。





次にSPセーフティー
仕事が一番早くて一番使いやすいですかね。
ただジョイントを切るときに気をつけないとかぶることがあります。
張り替えでも余裕で使える厚みがあります。
これもmあたり約10円です。









巾の狭いブルーストライプ
たぶんこれはもう使いません。巾の狭いタイプは少しのことですがかなり使いづらいです。
切ってて外してしまうことが結構ありました。
通常のストライプに比べて薄いのも注意が必要です。
巾のせまいタイプは他も使いましたが個人的にはオススメしません。
mあたり約8円です。




最近はPP下敷きテープ200mを使っています。
知人が使っていて手伝いに行ったときに以外と使いやすいなと感じました。
デメリットが切った感触が伝わりづらい
テープを抜くときに気をつけないと糊を取ってしまうなどがあげられますが
メリットも大きいです。
厚いので下地を切りづらい。(かなり厚いと思います。張り替えでもいける厚さです。)
200m巻きなので100mとかより入れ替えが少なくてすむ。
価格がmあたり約8円と安いです。
しばらくはこれを使おうと思います。



ちなみにですが糊をとらないように下敷きテープを抜く方法ですが
天井の場合は壁際にたって自分のほうへ引っ張る感じでとると良いかと。

壁の場合は天井側へ引っ張る(上へ)か床のほうへ(下へ)引っ張って抜くようにすると
糊を取りづらいと思います。

SPセーフティーを使っている人には関係のない話ですね。それだけSPセーフティーは
優れているということになるんですかね。(ひとりごと)



それでは、また。








posted by フライパン at 04:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロスの貼り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。