フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2015年10月24日

クロスの剥がれ補修にコーキングは使えない?ぺネットがなかなかいいよ。

クロスの剥がれ補修にコーキングは使えない?ぺネットがなかなかいいよ。


こんにちはフライパンです。

前回の続き。

ぺネットについてもう少し詳しく。

ぺネットがベタつかず接着性が良く乾きが早いことは前回書きました。

用途的にクロスの隙間を埋めるという感じで紹介させていただきましたが

ぺネットって他にも使い道はあるんですよ。




クロスのめくれ剥がれ直しにはかなり使えると思います。

古い物件のクロスが剥がれているのを直してくれとの依頼。

コーキングより直しが楽です。場合によってはドライヤー等

使わず直せますね。




新築時の白い枠やハバキ場合普通のコーキングで打つと

埃を呼び込みますね。

埃がたまるとか汚れが落ちない。なんてことを言われたことありませんか?



ぺネットならば粘着質でないので小さな箒等で掃いてやれば汚れがとれます。








こういうところには不向き。

例えばですが階段の手すりをつけるために最初に手すりの受けをつけてあり

そこに手すりを後からつけるような場合です。

伝わらなかったらすみません。写真がそのうち出てきたらUPしますね。



あとからインパクトでビスを打つような場合

衝撃でぺネットはとれてしまうのですよ。

過去 とんじゃったよ という話がありました。






枠回りのコーキングとして使うと喜ばれましたが

入り隅の切ったところにコーキングとして使うと

ヘアークラックが入り易いです。


⇒ 楽天 ペネット







そんなところかな。それではまた。





posted by フライパン at 04:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | クロスの貼り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。