フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2015年11月13日

古い障子に糊を塗る場合は2度の糊を塗ることを意識する塗り方

こんにちは フライパンです。

古い障子に糊を塗る場合なんですが2度塗りを意識するとうまく行くような気がします。

いやね、以前障子の記事を書かせていただきましたが、補足的な感じですね。

業務用(ロール)の障子の張り方について

古い障子って木がとても乾燥していますので糊の吸い込みが激しいと言いますか

もちろん古さにもよりますが、

そこで一回目は軽く少量塗ります、全体に塗り終わると

最初と最後に塗ったところを比べると

最初に塗ったところはかなり乾いているんですよ。

これが糊の水分を古い木が吸い込むからなんですよね。

そこで上からもう一度やはり軽く一度目より気持ち多い程度

塗ってやるといい感じに塗れると思いますよ。


木の凹凸が激しくなっているのは特にですね。

うまくぬれないなぁと思う方は試してみてください。






そんなこと知ってる?すみません。





これも書いてませんでしたが障子は真ん中の桟から糊を塗っていって最後に外枠を塗ると良いですね。

真ん中の桟は多少乾いていても問題ないですが外側の桟はしっかり付けておきたいので。




それではまた。



posted by フライパン at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 障子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。