フライパンのだいこん畑

壁紙 クロス貼りメインの内装職人です。工事の仕方や道具等での便利なことや施工管理のことなど、好き勝手つぶやく感じです。
フライパンのたまねぎ畑もよろしく。
 

2016年07月02日

ふすまにクロス貼るときどうやるの?

こんにちは フライパンです。

最近更新しなくてすみません。ブログ熱が冷めてきた??熱しやすくて冷めやすいフライパンです。


サクサクッと書かせていただきます。

以前の記事も参考にしてみてください。

ふすまの下地処理、剥がしてみたら古いふすま紙が・・

ふすまの引き手の外し方



そういえば引き手はプラスチックの場合はずす時に100パーセントこわれます。私だけでしょうか?


ふすまを剥がしたらチャチリ張り


チャチリは半分に切ってそろえたら斜めにくるくる回していくと写真のようになります。

無題.png

この一部始終写真撮っとけばよかったな。気が向いたらまたそのうち。

NEC_2796.JPG

チャチリが階段のように段々になるので縦横 片面づつは一気に糊付けできます。
もう片面は一枚一枚糊付けしていきます。


わたしは床のり用のはけで糊を塗りますがこの辺は好みで普通のハケのほうがやりやすい人はそうしてください。

NEC_2797.JPG


で上から交互にはって行きます。私はこんな順番。

ちゃちり.png

この辺は経験と好みがあると思いますが私は重なりしろが少なく張ったほうが下地が出にくくなると思うのでこのように貼っています。

またチャチリを半分にせず一枚で貼ってもよいのですが建具のソリが少なくなる気がするので私は半分にするようになりました。


NEC_2795.JPG




後は機械でも手糊でも普通にクロスに糊付けして貼れます。ふすまのように回り糊を濃くとか中糊を薄くとかは必要ないです。



貼った直後はこんなにしわしわですが乾けば大丈夫ですね。

NEC_2799.JPG

NEC_2798.JPG

NEC_2800.JPG

左はまだ乾ききっていませんがまーこんなかんじでみんな右のようにピンとなります。


わかりづらかったですかね?

需要があって時間もあったらわかりやすく書き直すかも。

なにしろ熱し易くて冷めやすいフライパンなので。笑。

それではまた。




posted by フライパン at 17:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他の工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちはフライパンさん。

今回も勉強させてもらってます。
なるほど、なるほど。

ちなみに、もっと広い面を袋貼りする場合の順番はどうなりますか?クロスのジョイントなどはそのまま貼って良いのでしょうか?幅の広い建具なんかはどうするのかな?って。

技術は見て盗め。

なんて言いますが、現場で袋貼りしてる人なんて見ないし、そもそも下地処理を袋貼りで、、、なんて現場もナイ⤵

オーット‼ここには知識の泉、フライパンさんがいらっしゃるじぁー、あーりませんかー‼期待してます。

ちなみにちなみに、自分は引手の釘を抜く時は、かなり小さめのマイナスドライバー(精密ドライバーでは先が柔すぎます)の先端をV字にヤスリがけしたもので取っております。
釘の頭があるなら、ほぼ取れますよ。しかも、ドライバーによっては、マグネットが付いているので、抜いた釘も飛んで行かないおまけ付き。
Posted by ハッサン at 2016年07月05日 12:38
ハッサンさん>>こんにちは。笑

コメントありがとうございます。私も建具に関してはそれこそふすまやさんの仕事を少し見てマネしてる程度でほとんど独学なので期待に添えるかわかりませんが。また記事にさせてもらいます。いやたぶんそれにかんしては私、経験値不足で期待に応えられないです。笑。




マイナスドライバーの方法はいいですね。今度試させていただきます。笑

Posted by フライパン at 2016年07月07日 05:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
 
ファン
よく読まれている記事
最近の記事
カテゴリ
過去ログ